2014年10月12日

Kバレエ「カルメン」神戸&福田

2014年10月11日17時オーチャードホール

カルメン 神戸里奈
ドン・ホセ 福田昴平
エスカミーリョ 杉野慧
スニガ スチュアート・キャシディ
ミカエラ 荒蒔礼子

熊川さんが、古典バレエの読み換えではなく、新しく創作したカルメン。
熊川さんが「古典バレエとして昔から存在しているような、それぐらいの風格を持ったものに仕上がったと自負している」とインタビューで語っているように、筋立てはオーソドックスにオペラと同じでありながら、誰でも一度は耳にしたことのある数々の名曲を生かして、わかりやすく、ダンス満載の面白いバレエ全幕作品となっています。

こんなに「カルメン」って良い曲がいっぱいあったのね、と再認識しました。
オーケストラだけの前奏や、間奏だったり、カルメンの登場シーンだったり、ドン・ホセの内面の葛藤だったりと効果的に使われていました。

第1幕の幕明けから、男性陣の群舞が迫力があります。振付自体はどこかで見たようなもの(海賊かな)でしたが、若いダンサーたちがみな生き生きとしていて躍動感がありました。
ライジング・スターの福田さんは、熊川さんの難易度高い振付をかなりなレベルでこなしていたと思います。
神戸さんは、いつの間にこれだけ成熟した女性としての雰囲気を身につけていたのかと思うほど、魅力的で、小柄だけれども、あでやかさもありました。踊りのキレもあり、カルメンを楽しんで演じているのが伝わってきました。

少々ネタバレになりますが、1幕で、逮捕されたカルメンの手を縛った長い紐を、ドンホセが持って、二人で踊るパ・ド・ドゥは秀逸でした。こういう小物を使うパ・ド・ドゥは、ラ・バヤデールのヴェールの踊りとか、ラ・フィユマルガルデのあやとりの踊りとかありますが、古典作品の王道とも言えますね。
それを取り入れているところに、熊川さんの古典バレエへのリスペクトとアイディアを感じます。

そして大受けしたのが、エスカミーリョ!!
杉野さんは、若いのにあそこまで、けれん味たっぷりにエスカミーリョを演じ、踊れるなんて凄いです!
彼のアクターとしての熱い魂を、みんな見習って欲しいわ〜

せっかくあれだけの伊達なエスカミーリョなのだから、2幕2場での登場シーンでは、お付きの闘牛士は贅沢に8人ぐらい欲しかったですね。曲の派手さに比べて舞台の質量が足りない感じでした。

これは作品として大変面白く作られていると思うので、熊川御大の出演する日でなくとも楽しめるでしょう。
今日は、会場に空席が目立ちましたが、素晴らしい公演だったので、もっとたくさんの人に見てもらいたかったと感じました。









posted by haru at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

新国立劇場バレエ研修所 第10期生・第11期生発表公演

2014年10月5日(日)2時 新国立劇場中劇場

「ワルツ」牧阿佐美振付

「ジゼル」よりぺザントのパ・ド・ドゥ
清水理那 長谷怜旺

「ハレルキナーダ」よりパ・ド・ドゥ
森田理紗 山本達史

「白鳥の湖」より黒鳥のパ・ド・ドゥ
木村優里 中家正博

新国立劇場バレエ研修所の様子ビデオ紹介

「パキータ」よりグラン・パ・クラシック
パキータ 土方萌花 リュシアン 芳賀望
パ・ド・トロワ 阿部裕恵 廣田奈々 渡邊拓朗
第1ヴァリエーション 中島春菜
第2ヴァリエーション 木村優里
第3ヴァリエーション 羽石彩野
第4ヴァリエーション 清水理那

牧先生の設立したバレエ研修所もはや14年目だそうです。
その中には現在の新国立のトッププリマである小野絢子さんが出世の筆頭として、プリンシパルの本島さん、八幡さん、ファースト・ソリストに寺田さん、ソリストに細田さん、堀口さん、ファースト・アーティストに井倉さん、林田さん、宝満さん、アーティストは30人中14人が研修所の修了生です。
1期から9期までまんべんなくいるようなのに、8期の修了生だけは現在一人も在籍していないのが異常に感じられます。
この期は牧先生の肝入りで発足した(と思われる)予科生制度第1期生からの持ち上がりがほとんど(一人を除いて)です。
将来新国立劇場に入団させるという暗黙の了解があって、海外留学に流れがちな金の卵たちを囲い込んだと私は見ておりましたが、物事はそう思い通りには運ばなかったようです。
牧先生と、新しく芸監に就任した大原先生との関係はどうなのか、色々勘ぐりたくなります。

まあ、パリオペラ座バレエ学校を卒業したダンサーたちも、オペラ座に入団できるのは一握りではありますが、そもそもオペラ座の団員はほとんどがバレエ学校の卒業生なのですから、新国立劇場とは事情が違います。

そんなこんなで、厳しい倍率をくぐりぬけてバレエ研修所に入ったからとて、将来的に新国立劇場に入れるとは限らなくなったこの現状での発表公演、牧先生は開き直ったかのように、クラシック一本で揃えました。
研修所の様子のビデオを見ると、色々な講師からクラシック以外にも、コンテ、スパニッシュ、キャラクター、宮廷ダンスなど様々なジャンルの授業を受けている様子なので、卒業公演では、もう少し違うジャンルのものも披露されると思います。

実は今回、電車の遅延で、ハレルキナーダ以降しか観られなかったので、ちゃんとした感想は書けないので、印象に残ったものだけ簡単に書かせて頂きます。

ハレルキナーダは、たいへんかわいらしい作品に仕上がっていました。特に山本さんのテクニック、高いジャンプや軸のしっかりしたピルエットなど、そして軽やかな踊りと演技が素晴らしかったです。
森田さんも女性らしく、かわいらしい踊りで好感が持てました。

黒鳥を踊った木村優里さんは、たいしたものでした!
手足が長く細くて頭も小さい抜群のスタイルですが、踊りもしっかりしていているし、フェッテはシングル、シングル、トリプルの連続技が見事に決まっていました。ヴァリエーションは踊りなれているようで、堂々としていて、今すぐにでも本公演に立てそうなほどでした。
欲を言えば、もう少し派手にやってもよかったと思います。

パキータも楽しかったです。
若い研修生たちの頑張っているのが伝わってくるのが良かったです。
最後に新しく入所した11期生の挨拶がありました。
卒業する修了生の挨拶はいつも修了公演でやりますが、入所する研修生の挨拶は、あまり聞いたことがなかったので新鮮でした。







posted by haru at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。