2014年11月11日

東京バレエ団50周年記念「第九交響曲」

2014年11月9日(日)6時 NHKホール
映画「エトワール」で見たときから気になっていた第九を、ついに見る事ができました!

これはバレエ公演というよりも、オーケストラとソリスト、合唱団、ダンサー、その場にいる観客すべてが、空間と時間を共有する「ライブ」です!

楽しかった!!

ベジャールは、普段の公演では、あえてオケを使わず録音音源ですが、この作品で目論んでいたのは、おそらくこのライブ感、祝祭感、生きる喜びを共有する事。

これは、録音音源や、テレビ画面では絶対に味わえない、その場にいなければ感じ取ることのできないたぐいのものです。

総勢350名の出演者、数が多ければいいってわけでもないけれど、大勢の熱気、パワー、エネルギーがいつのまにか会場を満たし、その暖かいオーラに包まれた幸福な時間。

ズービン・メータさん率いるイスラエル響(かなりの大編成)の演奏が素晴らしく、管楽器、特にホルンは、前日の新国立劇場眠りのオケに爪の垢でも煎じて飲ませたいくらい美しい音色でした。

いつもバレエ公演の伴奏でしかオーケストラを聞いてないので、一流のオーケストラはこんなにも違うものかと驚きます。

舞台は通常ならばオケピットになる位置までせり出して円形のバスケットコートのようなライン引かれた床です。

どこか体育館のようなスポーティな感じでもあり、観客席に向かって踊る時もあれば、中央の円に向かって踊る時もあり、これは絶対上の席から俯瞰して見た方が、フォーメーションが分かって面白いでしょう。

中央に画かれた円形のラインは、時にはこの空間をつかさどる魔法陣のようにも見えます。

ベジャールは各楽章を、土火水風としているそうで、衣装(ユニタードのようなシンプルなもの)は茶色、赤、白、黄色でした。

それぞれの楽章で核となるソリストの踊りがあり、ソリストを丸く囲んでコールドが踊る、いわば拡大版ボレロのようなシーンが多かったです。

第九と言えば、熊川哲也さんがKバレエの為に作った「ベートーベン第九」という作品があり、私はかなり好きなんですが、そちらは、火山、海、生命の誕生、人間達の祭、というテーマをそれぞれの楽章に当てはめています。

そのKバレエの第九を見る時に、いつも眠くなってしまう第3楽章。
少しゆっくりしたテンポで大変美しい音楽ですが、ベジャール版ではここで大ベテランのエリザベット・ロスとジュリアン・ファブロー投入。

2人のアダージョにもやや眠気を覚えてきた所、指揮者のメータさんが、体の向きをかなり観客側に変えて、下の舞台で踊る二人を見ながら指揮を始めたのです!

これにはしびれました。
メータさん、なんて穏やかで優しい顔つきなんだろうと。

こんな指揮者と舞台を作れるダンサーは何て幸福なのだろうかと。

メータさんのおかげで乗り切った第3楽章のあとはお待ちかね歓喜の第4楽章。ソリスト陣の歌声は第一級でしたし、ここでやっと登場した黒豹のようなオスカー・シャコン、女黒豹マーシャ・ロドリゲスも素晴らしく、アフリカンダンサーたちも祝祭の輪に加わり(全然踊ってなかったみたいだけど、列になって歩くところに出てきました)
フィナーレを迎えます。

東バのソリストもなかなか良かったですが、やはりベジャールのダンサーたちは身体のキレがよくて、大貫真幹さん、オスカー、マーシャ、2幕のキャサリンティエルヘルムも素敵でした。

2幕には冲香菜子さんも出てきて、とても楽しそうにノビノビと踊っていたのが印象に残っています。



posted by haru at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

新国立劇場バレエ「眠れる森の美女」米沢&ムンタギロフ

2014年11月9日(土)2PM オペラパレス
オーロラ 米沢唯
デジレ王子 ワディム・ムンタギロフ
カラボス 本島美和

大原芸監でのシーズンオープニング公演。
どんなゴージャスな眠りを見せてくれるか期待していました。

舞台装置は豪華で、宮殿のセットが袖幕の数でいくつも重なり、1幕は重厚な彫刻、3幕はルイ王朝風の絵画が描かれていて、こんなに立派な眠りのセットは、今まで見たことがないという程。
衣装もお金がかかってそうでしたが、童話のイメージなのか、色合いがなんとも言い難い…
宮殿の男性たちが、ブルーの服に真赤なタイツと靴を履いていたり、女性はワインカラーのロングドレスでエプロン付けてるから、この人たちはみんな召使なの??…とか。

一番残念だったのは、妖精たちの衣装が同じだったこと。
オーソドックスに、パッと見て見分けがつくような色違いのチュチュにして、リラのお付きの妖精たちはリラ色の衣装にして欲しかった。

どうせ新国立劇場のプロダクションでは
大胆なストーリーの読み替えや演出など望めないのだから、装置や衣装にこだわるのは致し方ないにしても、妖精とリラの精たちは、基本を抑えてくれてもいいのに。
バレエを習ってる子達のためにもね。


衣装で良かったのはカラボスですね。
カラボスは蜘蛛の化身なのか、大グモの乗り物も、ハリーポッターみたいでしたが面白かったです。消える時に歌舞伎で使う糸を吐くのも、いいアイデアでした。
でもこれって、山岸涼子「テレプシコーラ」に出てましたね、まさかパクリ?

衣装も良かったけれど、本島さんのカラボスは、美しいし狂気じみた怒りの表情もきまっていて、カラボスと呼ぶより、マレフィセントと呼んであげたい。まさに適役。この舞台で受けた感銘の30%くらいを占めてます。

2幕に森の精たちの素敵なコールドバレエがあるのだけど、衣装が強烈な緑色で、カラボスの衣装も緑だから、この人達はもしかしてカラボスの手下なのだろうか?
むしろその方が面白かったりして。

オーロラの衣装はシンプルすぎませんか?1幕はやはりピンクの方がいいし、3幕は結婚式だから、もっとゴージャスにしてくれないと!!

なぜか2幕の幻想のオーロラが、ブルーのお花などがいっぱいついていて、一番かわいい衣装でした。


100年の眠りから覚めて王子と踊る「目覚めのパドドゥ」では、まるでジュリエットな衣装でしたが、ここで二人がパドドゥを踊ることで、幻想の中でしか会っていなかった二人に、自然に愛の感情が生まれるという、ストーリーの流れができました。ラストに二人のキスで幕が降りるのもロマンチック。

3幕は宝石、猫、赤ずきんと狼、青い鳥、親指トムが出てきました。親指トムというのが珍しいけど、小柄な技巧系ダンサーの為に作った役らしく、八幡さんが、素晴らしいテクニックを披露して、まさにショーストッパー。


宝石の女性3人はキビキビとして良かったのですが、堀口さんがすべって転び、その後ポワントの具合がおかしくなったみたいに見えて心配しました。


青い鳥は小野&管野でさすがプリンシパルの安定感はありましたが、初々しさとか可愛らしさはなかったです。可愛らしさど言えば、以前テレビドラマで石原さとみがバレリーナに扮して青い鳥を踊った時、踊りはともかく雰囲気とか表情がとても可愛らしくて、まさに理想的なフロリナだったので感心しました。

それはそうと、小野さんはもともと小柄で可愛らしい系のプリマだったのに、いつの間にか大人っぽいプリマに変貌してきていますね。もうフロリナが似合わないくらいに。

主役の二人について話しましょう。
ワディムは今や飛ぶ鳥を落とす勢いのライジングスター。
長身でスタイルが良くサポート上手で、実は凄い荒技も繰り出すテクニックと運動能力の持ち主。
通常の540(ファイブフォーティ)にプラスαで、もう半回転ぐらいやっちゃったりします。

そのような荒ぶる技は今回は封印して、端正な王子を70%ぐらいの力で リラックスして演じてた感じです。

ザンレールはきれいに5番にはいるし、ピルエットも10回ぐらいまわっちゃうし、言うことありません。眠りじゃなければ、あの荒技も見たかった。

米沢唯さんは、1幕、2幕、初々しくて清潔感にあふれるオーロラを演じ、ピルエット3回転をピタリと音のなかに入れて、凄いことをやってるのに、あまりにサラリとしてるので、驚きを通り越して、それが普通みたいに思えてしまいます。

でも唯さんの個性なのか、まるで白いハンカチみたいな感じで、あっさりしすぎて物足りないのです。特に3幕。

幸せにあふれた、こぼれるような女性らしい美しさ、満ち足りた雰囲気。
花のかぐわしい香りで舞台をおおうようなオーラが欲しい。

ワディムさんと唯さんとのケミストリーが感じられなかった。
バドドゥの最後のコーダで、ふわっとして重力のないようなリフト、唯さんのフェッテの入った連続技のあたりは、お二人の熱が入っていて、観ているこちらも盛り上がりましたが、ああいう所をもっと早くから出していれば良かったのにね。
唯さんは初役だし、初めて組む相手だったという事もあったのかもしれません。
唯さんは、あれだけのテクニックの持ち主なのだから、これからはプリマとして[美しく存在する]ことも是非勉強して欲しい。と言っても、これは勉強することじゃないけれど。

やはりプリマは美の象徴だから、舞台が終わったら、ジーンズ姿で普通に横にいるような女の子じゃなくて、赤いドレスを着た手の届かないような存在であって欲しい…
これはあくまでも比喩ですけどね、昔のプリマは、マーゴット・フォンティーンやアリシア・アロンソなど皆オーラがあって女優のように美しかった。

今の時代でもタマラ・ロホやアニエス・ルテステュなど見て下さい。



posted by haru at 20:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

NBAバレエ「ドラキュラ」

2014年10月25日(土)18時30分 ゆうぽうと

演出・振付 マイケル・ピンク
音楽 フィリップ・フィーニー
美術 レズ・ブラザーストーン

ドラキュラ 大貫勇輔
ジョナサン・ハーカー 久保紘一
ルーシー 田澤祥子
ミナ・ハーカー 峰岸千晶

久保紘一さんが芸術監督に就任してから、NBAは変化をとげつつあります。
今回のドラキュラ日本初演も、大変野心的な試みですばらしいと思います。
全幕バレエではありますが、クラシックバレエというよりも、演劇に近いような作品です。

第1幕はジョナサン・ハーカーがトランシルヴァニアでドラキュラ伯爵にとらわれて、
命からがら帰ってきたもの悪夢になやませられる、というような話で、
セットは暗く、音楽も不安をかきたてるようなパーカッションを多用していますが、
話がよくわかりませんでした。
なぜ2回も結婚式をやるのか、とか、あとでロビーのあらすじを読まなくてはならなかったです。
HPに書いてあるものと、ロビーのものは内容が違いました。
ドラキュラと芸監である久保さんの男性二人のパ・ド・ドゥは、鬼気迫る感じで印象的でした。
そのあと三人の女ドラキュラがハーカーのベッドの下から出てくるところで、はじめてドラキュラっぽさを感じました。
ルーマニアの民族舞踊的なものは、長すぎて退屈しました。

階段を中央に置いた高低差のあるセットに、背景の海の青さが美しいのが第2幕です。
第2幕は1幕とは違って明るく、ルーシーを中心に、クラシックバレエのテクニックを使ったダンスが続き、ルーシーの田澤さんは、難易度の高い振り付けを踊りこなして上手でした。

第3幕は、また暗い感じのセットになります。上手側の高い所に精神を病んだ男がいて、
その高さからドラキュラがあらわれて、セットにぶらさがりながらゆっくり下まで降りてくる、
そのゆっくりさ加減がなんとも不気味でした。

この公演の成功は、ひとつは大貫勇輔という、ものすごいダンサーをドラキュラに据えたことにあります。
まだ26才、本格的にバレエのレッスンを始めてからまだそんなに経っていないそうですが、
180センチ以上ある恵まれた体躯に加えて、世界的に見ても高い身体能力、表現者としての自覚とその目指しているレベルの高さ、観客をとりこにする身にまとったオーラとカリスマ性。
(カリスマ性は、このドラキュラという役には絶対に必要です)

ドラキュラをこれだけ完璧にやれるのは彼以外にいないんじゃないか、そんな風に感じました。
残念ながら、クラシックバレエダンサーとしての彼の能力を発揮する機会が少なめで、
もっとソロを踊ってみせてほしかったです。
彼ならば、小さい時から訓練を受けていれば、ルグリにもなれた…そんな気がします。
すごい素質と才能の持ち主です。
峰岸さんとのパ・ド・ドゥでのリフトも上手でしたし。
まだ若いですから、これからどっちの方向へいくのか興味深いです。
ホリプロに入ったそうですから、古典パレエには行かないでしょうね。

大貫さんのずば抜けた素晴らしさに比べて、NBAのメンバーは頑張ってはいましたが、
まだまだレベルアップができると思います。
この作品は面白いし、再演を重ねてNBAの財産にして欲しいと思います。

ぴかぴか(新しい)



posted by haru at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする