2014年12月20日

東京バレ団「くるみ割り人形」沖&梅澤

2014年12月20日(土)14時 東京文化会館

クララ 沖香菜子
くるみ割り王子 梅澤紘貴
ドロッセルマイヤー 柄本弾
ピエロ 岸本秀雄
コロンビーヌ 金子仁美
ムーア人 吉田蓮
スペイン 川島麻実子 木村和夫
アラビア 三雲友里加 松野乃知

バレエで初めてプロジェクションマッピングを取り入れるということと、
最近成長著しいライジングスター、沖香菜子さんを楽しみにした公演です。
プロジェクションマッピングは、想像していたほどまんべんなく使ってるわけではありませんでした。
前奏曲の間に、幕の上をねずみちゃんが走り回るオープニングは楽しかったです。
ダンサーが踊っている時にはほとんど映さず、クリスマスツリーが大きくなるシーン、
夢の国にボートで行くシーン、最後に家に戻るシーンなどを中心に効果的に使われました。
そういえば、以前どっかのバヤデールで寺院崩壊のシーンで映像をつかっていたけど、
そんなのもプロジェクションマッピングでうまいことやれそうですね。

沖香菜子さんのクララは愛らしく、フリッツに対して怒ったようにプンとしたり、くるみ割り人形が壊れて悲しくなったり表情豊かでした。踊りはほぼ完璧で、くるみ割り人形が変身した王子と踊るシーンでの、しゃちほこのように逆さになるリフトも大変美しいポーズできまっていました。
金平糖の精のパ・ド・ドゥはむしろ梅澤王子をリードするような貫禄すらあり、ヴァリエーションも音にぴったりで完璧。ピケやシェネなどの回転技もスピーディで切れ味がありました。
主役経験を重ねることによって、ぐんぐんとプリマらしさを増していって、素晴らしい限りです。

梅澤王子は、変身して起き上がるところ、とてもすがすがしくエレガントで「キャー、素敵ハートたち(複数ハート)」と叫びたいくらいに王子してました。マラーホフの薫陶のたまものでしょうか。
梅澤王子と沖クララの取り合わせもよく、ビジュアル的にお似合いな二人です。

でも、Kバレエの男性陣を見慣れている私にとっては、少し物足りません。
沖香菜子さんが、よりレベルアップするためには、ぐんとバレエが上手で格上の男性海外ゲストダンサーと組ませてもらえればいいのにと思います。
これからの東京バレエ団をしょって立つであろうプリマを、ぜひ一段押し上げて欲しい。

テクニシャンでイケメンでサポートが上手で背が高いダンサー、いませんかね(笑)

第一幕で狂言まわしのような役割をしたピエロ、コロンビーヌ、ムーア人の人形トリオが良かったです。
ピエロの岸本さんは、マラーホフ版眠りで王子抜擢ですね。今とっても気になるダンサーです。
コロンビーヌの金子さん、ムーア人の吉田さんは若手らしいですが、踊りにキレがあってよかったです。

東京バレエ団では、このワイノーネン版とベジャール版の二種類のくるみがレパートリーにあり、これまで私はどちらも見たことがありませんでした。
このワイノーネン版については、うわさ通り、衣装と美術がお粗末でしたね。
長い間新調されていないようでセンスがお教室の発表会みたいです。
新国立とか、Kバレエとかは、デザイナーがこだわったセンスで美術衣装を作っています。
それらにはとうてい比べられるレベルではありません。
美術も、今回プロジェクションマッピングを導入した部分はよいですが、あとの舞台装置はひどいものです。
もっと素敵な衣装だったら、もっと素晴らしい舞台になるのに、がんばって踊っているダンサーが気の毒になりました。


ぴかぴか(新しい)


posted by haru at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする