2014年12月28日

くるみ割り人形 神戸&井澤

2014年12月22日(月)16:30 赤坂ACTシアター

マリー姫 神戸里奈
くるみ割り人形/王子 井澤諒
ドロッセルマイヤー スチュアート・キャシディ
クララ 荒蒔礼子
フリッツ 矢野正弥
雪の女王 中村春奈
雪の王 池本祥真

久しぶりにKバレエのくるみを観ましたが、大変楽しめました。
今回は2列目で、オケピがないので、舞台が近すぎて、ダンサーがこっちに来すぎて…
赤坂ACTシアターは、ミュージカル向けの劇場なので、座席も少なめですし、こじんまりとしています。
Kバレエのくるみは、誰が見ても文句なく楽しめるようなエンターティンメント性の高いプロダクションに仕上がっているので、このような劇場で、ミュージカルを見るような感覚で、でもバレエとしての芸術性や「格」はちゃんと保ったままで、多くのお客様に楽しんでもらえるのはとてもいい事だと思います。

熊川さんが以前テレビで言っておられましたが、バレエが敷居が高いのは良いことだ、こちらからは決して敷居を低くしない、その敷居を越えてきて欲しいと。この公演では、劇場といいプロダクションといい、大変にとっつきいやすいですが、バレエとしてのレベルは高く素晴らしいものに仕上がっています。

初演の時は熊川さんがくるみ割りを踊られたのですが、それ以降は、若手の有望なダンサーの登竜門のようになっています。今回は王子デビューの井澤さんが踊られましたが、王子らしいたたずまい、踊りの正確さ、美しさは熊川さんと比べても遜色ないほどで、大変満足しました。

クララの荒蒔さんの可愛らしさ、マリー姫の神戸さんの優雅さも程よく、ディベルティスマンでは、アラビア人形を踊った山田蘭さんの美しさにノックアウトされました。

いわば、ブロードウェイのミュージカル興行のように、クリスマスシーズンは1ヶ月ぐらいロングランしてもよいと思いました。
バレエとしての醍醐味を味わえるのは雪のシーン。
スピードがあって爽快感のある振り付けはダンサーは踊るのが大変でしょうが、スカッとします。

ぴかぴか(新しい)


posted by haru at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする