2015年08月03日

2015世界バレエフェスティバルAプロ(2日目)

2015年8月2日(日)2PM 東京文化会館
■第 1 部■
「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:ジョージ・バランシン/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
ヤーナ・サレンコ スティーヴン・マックレー

サレンコとマックレーは英国ロイヤルでも組んで踊っているようですが、両人共テクニシャンで赤毛で背もちょうと釣り合う理想的ペアではないでしょうか。サレンコは前回もバレフェスに来ていましたが、ぐっとオーラが増してすごく惹きつけられました。

「3 つのグノシエンヌ」
振付:ハンス・ファン・マーネン/音楽:エリック・サティ
マリア・アイシュヴァルト マライン・ラドメーカー

ラドメイカーは昔は金髪サラサラの王子様という印象でしたが、今は身体つきもがっちりと大きくなってより男性的になりました。ほとんどサポートですが、まるで体重がないかのようにひょいとアイシュバルトを持ちあげるのは凄い。

「お嬢さんとならず者」
振付:コンスタンティン・ボヤルスキー/音楽:ドミートリイ・ショスタコーヴィチ
アシュレイ・ボーダー イーゴリ・ゼレンスキー

初めて観る演目でしたが、ボーダーのワンピースが似合わないのと、ゼレンスキーのならず者具合は面白くはあったのですが、よくわからなかったという所です。

「白鳥の湖」より"黒鳥のパ・ド・ドゥ"
振付:マリウス・プティパ/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
タマラ・ロホ アルバン・レンドルフ

タマラさん、以前は無表情で踊ることが多かったけど、良い表情をしていました。きっと前回はロイヤルの中でくすぶっているものがあったのではないかと。今やENBの芸監として、やりたい事をやって、その成果もしっかり出しているという自負や充実ぶりがうかがえました。表現にぐっと深みが出て、ちょっとした手の動きとかでオディールの誘惑者としての真髄を見せていました。踊りはもちろん盤石で、フェッテは3回転、4回転も盛り込んでました。こういう人がいないとフェスが盛り上がらない!!
相手役のレンドルフ君は若いけど、なかなか上手でした。

「フェアウェル・ワルツ」
振付:パトリック・ド・バナ/音楽:フレデリック・ショパン、ウラジーミル・マルティノフ
イザベル・ゲラン マニュエル・ルグリ

ルグリさん?顔が老けたので最初誰だかわかりませんでした。でもムーブメントはまだまだ素晴らしい。ゲランも美しい。

<休憩15分>


■第 2 部■

「アザー・ダンス」
振付:ジェローム・ロビンズ/音楽:フレデリック・ショパン
アマンディーヌ・アルビッソン マチュー・ガニオ

ハンガリーのマズルカの動きをとりいれていて、この振付好きです。
グレーの渋い衣装でニュアンスたっぷりに踊るアマンディーヌが素晴らしい。こういう地味目の衣装で、派手ではない振付で、魅せるというのは、肉体的魅力の乏しい日本人にはできないな〜と思いました。
途中、マチューがしくじった?と思ったけど、それは振付だという話もあり。

「マンフレッド」
振付:ルドルフ・ヌレエフ/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
マチアス・エイマン

エイマンは伸びやかで、ただただ素晴らしい!!世界でも10本の指に入る踊り手ではなかろうか。
マックレー、ポルーニン、サラファーノフ、シムキンなどのダンサーと比べても、ポテンシャルが高いと感じる。


「ジゼル」
振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー/音楽:アドルフ・アダン
サラ・ラム ワディム・ムンタギロフ

サラ・ラムはマックレーと組んだ眠りを映画館中継で見たけれど、あまり古典は良くない。(冬の旅は良かったですよ)
バランスが短いしアダージオのポーズも、ムンタギロフがクリメントヴァと組んだ時みたいに、「これこれ、これがジゼルなのよ!」という前のめりのアラベスク・バランスや首のかしげ方が違うんです。
ワディム君がサービスで入れたアントルシャ・シスのつま先の美しい事といったら!!

「ライモンダ」より第 3 幕のパ・ド・ドゥ
振付:ユーリー・グリゴローヴィチ(プティパに基づく)/音楽:アレクサンドル・グラズノフ
マリーヤ・アレクサンドロワ ウラディスラフ・ラントラートフ

ラントラートフの長いマントがいいねぇ。ブルーと白でアレクサンドロワの衣装とお揃い。
華やかで大きくて、スカッとしますね。イッツ・ボリショイ!! 
二人はカーテンコールでラブラブ。

<休憩15分>

■第 3 部■

失われた純情 「いにしえの祭り」
振付:ジョン・ノイマイヤー/音楽:リヒャルト・シュトラウス
アンナ・ラウデール エドウィン・レヴァツォフ 
シルヴィア・アッツォーニ アレクサンドル・リアブコ

ダンサーと振付はいいのだけれど、どういう状況だかよくわかりません。
後ろにあったパーティの支度を、東京バレエ団の男性二人が静かにお片づけ。
その中の一人が岸本君なので、そっちに思わず目が行ってしまいました。
レヴァツォフは背が高くてイケメンですが、目がいっちゃってる感じ(演技なのかも)


「シンデレラ」
振付:フレデリック・アシュトン/音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
アリーナ・コジョカル ヨハン・コボー

ドンキで素晴らしい舞台を作ってくれたコジョカルは、キラキラのシンデレラ。
ヴァリエーションはなくて、見せどころは、王子の周りを高速シェネでくるくる2周することぐらいかな。

「オールド・マン・アンド・ミー」
振付:ハンス・ファン・マーネン/音楽:J.J.ケイル、イーゴリ・ストラヴィンスキー、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
ディアナ・ヴィシニョーワ ウラジーミル・マラーホフ

前半は機嫌の悪い夫をなだめようと、あれこれすりよったり、笑わせようとする妻で、おしりをプリプリ振るヴィシニューワが可愛らしい。その後、ヴィシが倒れ込む絶妙のタイミングでフッとマラーホフが支えるのを何度が繰り返し、床に倒れたマラーホフを、風船を膨らますみたいに息を入れて戻すヴィシと、それをお互いにかわるがわるやって、とてもユーモラスだったけど、後半は音楽が変わって、あの「ル・パルク」の音楽になり(長〜いキスをしながら女性を振り回すやつね)、なにこれ、この二人にあてたパロディなの?と思っていたら、舞台が暗転し、明るくなると二人の位置が変わっていて…という「コ―ト」のパロディみたいなことがあり、どっかで種あかしをするのかな〜と思っていたけど、それはなくて静かに終わりました。
夫婦関係のことを思うと、あるある…ですね。

「パリの炎」
振付:ワシリー・ワイノーネン/音楽:ボリス・アサフィエフ
ヤーナ・サレンコ ダニール・シムキン

サレンコ2演目目。今回の功労賞はサレンコですね。
サポートだけでほとんど踊らないダンサーもいるのに、この暑さの中、テクニックの要るグラン・パ・ド・ドゥを2つだなんて。彼女は難しい事も端正にキメるのが素晴らしいです。
4回転や3回転入りのフェッテ、45度ずつ角度を変えていくフェッテなどやってくれました。
シムキンはまたまたテクニシャンぶりを見せつけていました。
相変わらず上手だけれども、相変わらず小さいし、あまり進歩していないような。
というか、進歩しようがないのかしら。あの身長じゃ、相手役を選ぶし、英国ロイヤルバレエのような演劇的なバレエはABTはやらないだろうし、そもそも適役があまり思い浮かばないし。
これだけの逸材をもったいない。このままだとラスタ・トーマスのような道を行くことになるかも。

<休憩 10 分>


■第 4 部■

「白鳥の湖」第 2 幕より
振付:レフ・イワーノフ/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
ウリヤーナ・ロパートキナ ダニーラ・コルスンツェフ

ロパ様の白鳥、ということで観客も息をのんで見守る感じでした。
脚が…太ももが…細〜〜い! 膝から下が細いダンサーでも太ももはそれなりの人が多いのに、ロパ様の細さは驚異的。容姿がまさに白鳥。極上の物を見させて頂きました。
バレフェスには必ずついてくる東京バレエ団のコールドが付くならここだろう、と予想していましたが、コールドはなしでした。(なぜ??ギエムには付いていたのに)いえ、今の東バのヴァージョンはドタバタ配置転換がうるさいので、なくてもいいんですけど。絵づら的には、後ろに白鳥たちがいた方がよりロバ様の美しさがひきたったかと思ったまでです。

「トゥギャザー・アローン」
振付:バンジャマン・ミルピエ/音楽:フィリップ・グラス
オレリー・デュポン エルヴェ・モロー

衣装がタンクトップとジーンズで地味で体型がわからないし、無駄に長くてつまらなかったです。
せっかくの美しい二人なのに、ミルピエってセンスないのね。

「オネーギン」より第 1 幕のパ・ド・ドゥ
振付:ジョン・クランコ/音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
アリシア・アマトリアン フリーデマン・フォーゲル

アマトリアンのタチアナが夢見る少女でとてもよかったし、背中がとても柔らかくて、リフトされている時に驚異的に上体が反っていました。フォーゲルはオネーギンというイメージじゃないけど、体格はいいですよね、なんかニコニコしていたのが不自然だけど、まあタチアナの夢だからそれでいいんだってことで。

「ドン・キホーテ」
振付:マリウス・プティパ/音楽:レオン・ミンクス
ヴィエングセイ・ヴァルデス オシール・グネーオ

グネーオさんは初めて観ましたが、今回のダンサーの中で唯一黒人で、小さめで、細くて子供みたいな体型(ヴァルデスと並ぶとそう見える)、赤いフンドシみたいなのが下がっていて胸をはだけてる変な衣装で、違和感MAXでした。キューバはダンサーの宝庫で、カレーニョみたいなテクニシャンでイケメンがいっぱいいそうなのに、なぜこの人?ヴァルデスと釣り合いの取れる大柄な男性はいなかったのかしら。
6年前のバレフェスの時に長いバランス技やフェッテの大技で会場の興奮をさらったヴァルデスですが、その時に比べると、優雅さと落ち着きが出たかわりにテクニックの勢いは落ちた感じです。
でも、トリの面目として、ポワント・アラベスクのバランス、7秒ぐらい、そして、ススからルティレ…アティチュードまでポワントのまま移行する大技、(今回ドンキ全幕では、コジョカルがこの反対のコースでアラベスクからゆっくりルティレ…ススに下ろす技をやってました)、フェッテも三回転、2回転取り交ぜて、サレンコほど端正に、場所の移動もなくという風ではなかったですが、まあ大したもんです。さすがキューバです。
しかしタマラさんは本日10秒のポワントバランスやっておりましたからね。(以前は12秒のバランスやってましたし)そういう人たちを前に見ちゃっていると、すごい事やっていても、ああ、さっきみたサレンコの方がきれいに回っていたな〜とか思っちゃうものですね、人間てやつは贅沢にできてますね。
グネーオさんの方も8回転の最後をゆっくり脚を下げながらとか、カレーニョが得意としていたような技をきれいに見せてくれましたが、いかんせん体格が小さめなので、迫力が足らん感じでした。

最後はダンサー達が出てきてカーテンコール。
ここでもマーシャが可愛かった。

フランス、英国、ロシア、ドイツ、ちょっとアメリカとキューバというラインアップで、参加国に偏りがあるようにも思いますが、レベルの高い芸術を堪能致しました。
やっぱりバレフェスは楽しい!!

ぴかぴか(新しい)


posted by haru at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界バレエフェスティバル全幕「ドン・キホーテ」コジョカル&ムンタギロフ

2015年7月29日(水)7PM 東京文化会館
キトリ アリーナ・コジョカル
バジル ワディム・ムンタギロフ
メルセデス ヴィエングセイ・ヴァルデス(1幕)
      川島麻実子(2幕)
エスパーダ 柄本弾
ガマーシュ 梅澤紘貴
森の女王 渡辺理恵
キューピッド 松倉真玲
ドンキホーテ 木村和夫
サンチョパンサ 岡崎隼也
ジプシー女 奈良春夏

久しぶりに東京バレエ団のドンキホーテを見たら、演出も装置も舞台も変わっていて、「楽しい」が凄かったです。「お祭りドンキ」の宣伝文句は伊達じゃない!!まさにその通り!
2014年9月の時にワシーリエフが来日して改訂したようですね。
エピローグもたくさん人が出てくるし、舞台を賑やかにしようという意図で、ソロを踊っている時に後ろの群衆が同じ踊りをシンクロしたり、子供たちをたくさん出したり、3階席だったので演出、振付上の色々な工夫がされているのが良くわかりました。

1幕は夢の場面まで続けてしまって、休憩は1回。
スピーディな演出ながら、ジプシー野営地からドンキホーテが風車に突っ込むまでの話の流れも自然で、いつもそこだけ突出しているような違和感を感じていたジプシー女の踊りも、奈良さんの迫力と気迫もあり、良いアクセントとして感じられました。
ダンスも盛りだくさん、バジルもジプシーと一緒に踊るし、場面転換の時は幕前でのやりとりや小芝居もある。
もちろん主役のコジョカルとムンタギロフは素晴らしかったのですが、東京バレエ団のダンサー達はノリノリで、お祭りを盛り上げるゾ、というパワーがあって、第1幕の広場では群衆役の一人一人がそれぞれの役になりきり、小芝居をして舞台を盛り上げていて、どこを観ても面白い。キトリのソロでも、後ろの人たちが同じ動きをシンクロして踊ることによって、賑やかさを演出していました。

普通ならオペラグラスでコジョカルだけ追っかけてしまう所ですが、それでは舞台全体を観られなくてあまりにももったいないので、第1幕はほとんど使わずに観ていました。それぐらい、東京バレエ団の皆さんが楽しませてくれた。

木村さんのドンキホーテは風格と存在感があり、物語に奥行きを与えていたし、ガマーシュとサンチョパンサがおかしくて、しょっちゅうクスクス笑ってしまいました。観客の皆さん、ここはもっと笑ってあげていい所だと思いますよ。

オーケストラも豪快に鳴らしていて、バレエの伴奏ではボリショイが爆音だったけど、それに近いかも。
コジョカルは、容姿もポーズもテクニックも演技も素晴らしい。一時筋肉ムキムキだったけど、今回はそれほど気にならず、赤い自前の衣装がとても綺麗な色で、かわいいし、何で今まで日本で踊らなかったのだろうかと思いました。ムンタギロフ君は、荒技もさらりとこなすテクニシャンで、頭小さいし手足長いし長身で、身体も柔らかく踊りも正確でサポート上手ということなしだけど、ちょいと控え目なので、こういう演目ではもっとはじけてくれても良かったかも。
ジプシー達と一緒に、エスパーダとバジルが踊るところで、膝から下を後ろに曲げてジャンプするパ(白鳥の道化がよくやるやつね)、ワディム君は柄本さんと比べて、きれいに反っていて、身体が柔らかいのね〜と感心しました。白鳥の道化でも、グレゴリー・バリノフさんは理想的に反っていましたけど、このポーズは意外と難しいんでしょうね。

柄本さんのエスパーダは、もうちょっとあざといくらいキッレキレに踊って欲しかったです。太もものラインが丸いので、そこで既にエスパーダとしてどうかという印象ですし、粋じゃなかった。(森川さんのエスパーダが観たかったな。)

夢のシーンでは、女性の皆さまがぴったりと揃っていて、手の角度などびっくりするぐらいシンクロしていました。ユカリーシャ効果かしら。厳しいリハーサルするらしいので。
ドリアードの女王の渡辺理恵さんは、清楚できりっとして踊りも端正で美しかったです。
キューピッドの松倉さんは脚長くて、ジャンプも軽やかで、適役でした。
マラーホフの指導か、東京バレエのダンサーの皆さんは、ほとんど足音がしないのですが、ここで登場のちびっこキューピッド達だけカツカツとポワントの音がうるさくて、どうしてユカリーシャはそこにダメ出ししなかったのかと思いました。
子どもにはムリってこともないですよね。ポワントを柔らかめの物に工夫したり、最後まで力を抜かずに踊るように指導したり(漫画「アラベスク」にもそう書いてありましたよね)、やろうと思えばできるはず。
そこでせっかくの素晴らしい舞台が興ざめになってしまう事があるのですから。

第2幕は狂言自殺から、グランパドドゥまでで、1幕に比べてクラシックのテクニックを見せる場面が多かったですが、東京バレエ団のダンサーたちは皆健闘していました。
一時期に比べ(特に男子)クラシックが上手になってきました。マラーホフ効果でしょうか。
中堅どころがごっそり抜けてしまいましたが、こういう時こそ若手をどんどん育てて欲しいし、若い人もチャンスを与えられたらがっちりつかんで欲しいですね。

そのチャンスを掴んで見事プリンシパルになった梅澤さんのガマーシュは絶品でした。
最後にガマーシュとキトリとバジルのピルエット合戦があって、ここでマネージュやピルエットをするのですが、梅澤さんも負けていなかったし、とても楽しい趣向でいいですね!
客席も大盛り上がりでずーっと大きな手拍子があがって、本当にこんなに素敵な空間と時間を共有できて、ダンサーのみならず客席の観客の皆さんもありがとう!最高のバレエフェスの幕明けになりました。


ぴかぴか(新しい)









posted by haru at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする