2015年08月25日

小林紀子バレエシアター「ミックスプログラム」

2015年8月23日(日)3PM 新国立劇場中劇場
「ソワレ・ミュージカル」振付ケネス・マクミラン 音楽ベンジャミン・ブリテン
ホテルのエレベーターホールのような背景に、ベルボーイの恰好をした男性たちと、それに似た感じのチュチュの女性たち。マクミランというよりはアシュトンのようなテイストで、ストーリーのないレビュー風。
プリンシパルの大森結城さんが、女性らしくて華やかで良かったのですが、最後の方で三人揃ってフェッテするところ、落ちてしまって立て直せなくて、残念な終わり方になってしまいました。

「グローリア」振付ケネス・マクミラン 音楽フランシス・プーランク
合唱つきで音楽が美しかったです。これは戦争がテーマのバレエで、男性は塹壕にいるような帽子に総タイツ、女性はグレーのタイツにスカートで、マクミランの特徴的なリフトが多用されています。
合唱もつけるとなると、費用もかかるし上演が難しいと言われていた作品らしく、日本で上演するのはかなりチャレンジングな事だったと思います。作品のトーンは地味だし、暗いテーマだし、まったく一般向けするものではなかったですが、このような作品をあえて上演するという小林紀子先生のイギリスバレエに対する思い入れを感じました。
合唱付きのバレエはいいですよね。新国立劇場バレエで上演したカルミナ・ブラーナ、そして中劇場で上演したウォルシュ振付の「オルフェオとエウリディーチェ」はかなり好きな作品です。

「ライモンダ」第3幕
ハンガリーダンスの萱嶋さんがきれいでした。重厚な舞台装置も良かったです。
衣装は新国立劇場の牧バージョンの方が素敵です。

今回はバレエやオペラに造詣の深い友人のおかげで観賞出来ました。
最近私はおけぴやヤフオクなどでチケットを買うことが多いのですが、小林紀子バレエシアターのチケットはそのような譲渡サイトにはほとんど出てきません。
ダンサーにチケットノルマがあるそうで、知人やバレエ関係者、ダンサーが教えをやっている教室の生徒などでチケットがはけてしまうのでしょうね。そういう意味ではお稽古バレエの典型的なスタイルなのではないかと思います。小林紀子バレエシアターは、必ずオーケストラ演奏で、取り上げる演目も、あまり知られていないようなイギリスの作品が多いという独自路線を進んでいます。
せっかく珍しい演目をやっても、観客が身内だけでは、小林先生の自己満足に収束してしまい、広くバレエ界や芸能界に発信することにはならないような気がします。
また、デボラ夫人と親しいのか、マクミランにこだわっているようですが、もっと新しい現代に生きている振付家の作品などを上演しても良いのではないでしょうか。



posted by haru at 22:03| Comment(1) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。