2016年11月20日

「ラ・バヤデール」祥子&遅沢

2016年11月19日(土)16:30 東京文化会館

ニキヤ 中村祥子
ガムザッティ 浅川紫織
ソロル 遅沢佑介
ハイ・ブラーミン スチュアート・キャシディ
マクダヴェヤ 酒匂麗
黄金の仏像 井澤諒

熊川さんは中村祥子さんで、Kバレエの全幕レパートリーすべて映像に残すつもりなのでしょう。
白鳥、眠り、このバヤデールもシネマとして公開されるようです。
そのための録画撮りをしていたためか、コールドに至るまで気合の入った良い舞台となりました。

冒頭は苦行僧たちの踊り。ここはKバレエの男性ダンサーたちがはじけるところ。
マクダヴェヤの酒匂さんのジャンプがすごく高くて、開脚も空中のポーズが決まっていて、しょっぱなからワクワクしてきます。

ソロルの登場は、グラン・ジュッテの連続ではなかったです。海賊みたいなパッセの形を見せるジャンプ1回で登場。んーここはやはり、斜めに大きなジュッテで登場して欲しいところです。

ハイ・ブラーミンと共に僧侶たちが登場。このエキストラの僧侶が、初演時に驚いたのですが、太った中年の方々なんです。普通、こういうエキストラって、バレエ団員の下っぱがやるものですが、それだと体格的に細くて舞台に重厚感が出せないと判断したのか、体格の良いエキストラを調達(いったいどこから?)。
こんなところに熊川さんの「こだわり」を感じます。そうです。こういう小さなことの積み重ねで舞台の重みが違ってくるんです。脇役もエキストラも重要な要素です。

巫女の踊りの後、ニキヤ登場。ヴェールをかぶった祥子さん、そのままでも美しい。
この世のならぬ美しさというよりも、もう少しナチュラルで、平民の娘が取り立てられて巫女になった雰囲気。わりと普通っぽいというか。あえてのキラキラ度おさえめというか。

とても控えめで、神に仕える身という自覚があり、ハイ・ブラーミンのプロポーズもきっぱりと断る。
でも、マクダヴェヤから「ソロルが待っている」と聞かされると、突然瞳がキラッと輝いて、表情がパァーッと明るくなる。ニキヤにとって、ソロルは特別な存在だというのがよくわかりました。

ニキヤの踊りは、大変に抑制された感じで、それはこの1幕の時から、影の王国に至るまでずーっと続いていて、唯一解放されるのは、この一幕で踊るソロルとの愛のパ・ド・ドゥ。

そう言えば、この公演の前に行われた公開リハーサルで、ソロルを探すニキヤのことを、熊川さんが「Where is my lover?」ってアテレコをしていたけれども、祥子さんは、まさにそのセリフが聞こえるようなお手本のような演技でしたね。

場面が変わってラジャの屋敷。これがお前の婚約者だよとガムザッティに見せるソロルの似顔絵が、なにげに遅沢さんに似すぎていて(笑)あたりまえなことですが、ここが似ていない舞台って結構あるんです。こういう小道具も神経が行き届いているところ、いいと思います。

浅川ガムザッティが、ゴージャスな美しさでキラキラオーラ全開です。これはソロルでなくても誰でもまいってしまうだろうという位の。思わずくらっとくるソロルの気持ち、わかります。
ニキヤとガムザッティの対決シーンは、マイムからセリフが聞こえてくるようで、大変にドラマティックでした。美女二人の喧嘩、大迫力で、キッラキラのガムザと、身分の低いニキヤという対比もわかりやすかった。浅川ガムザは、生まれながらのお姫様で、自分の思い通りにならなかったことなど、一度もないという育ち方で、だから自分に歯向かっていうことを聞かないニキヤに対して、思わずムカついて「殺す!」となる流れも納得できました。

ニキヤの「殺す!」マイムで休憩かと思ったら、舞台は続いて婚約式のシーンへサクサク進みます。
度肝を抜くくらい大きな象(これは海賊の船にも匹敵するくらいの大装置です!)にソロルが乗って登場。これまた大きな仕留めた虎がお土産。

ジャンぺの踊り、にぎやかな太鼓の踊り、パ・ダクシオン、ガムザッティとソロルのパ・ド・ドゥなど、古典バリバリのクラシックから、土着的な太鼓の踊りまで、さまざまな踊りがてんこ盛りで楽しい!
杉野さんをリーダーとする太鼓の踊りは、みんなはじけておおいに盛り上がる!ボリショイにも負けていない!
バヤデールでは、きたない恰好の男子の方が見せ場が多くて踊りまくる!
例外はソロルの友人の栗山さん。シュッとして細くて長身王子。見た目は抜群です。踊りがもっともっと上手になってKバレエを背負うくらいになって欲しいです。

ガムザッティの難しいヴァリエーション、浅川さんが端正かつ華麗に踊りきって大喝采!!
浅川さんは初演時のニキヤが、とても良かった記憶がありますが、ガムザッティも素晴らしい。祥子さんと浅川さんでニキヤとガムザッティを交替して日替わり公演なんか、いいんじゃないですか?
この二人で、たとえばジゼルとミルタを交替して日替わり公演もいいと思います。

遅沢さんは、もっとできる人だと思いますが、ジャンプの高さが少し物足りない感じではありました。彼はKバレエで長いですからね〜もう7、8年?
経歴を見ると2007年入団、2013年からプリンシパルなんですね。遅沢さんという相手役がいるから祥子さんが踊れるわけであって、祥子さんのために外部からゲストを呼ぶのはKバレエらしくないし、かといって宮尾さんはいまいちなんで、もうすこし彼に頑張ってもらわなくては。

ニキヤの悲しみの踊り。ポワントでススしてからアティチュードという振付、普通はさっと脚を上げてからすぐにアテールに降りるのですが、祥子さんはポワントのまま、片脚をゆっくりとあげてアティチュードにもっていき、そのままポワントバランス。これを繰り返しました。すごい大技!
こういう大技、コジョカルとロホがやったのを見たことがあります。そういう世界でも超一流のバレリーナしかできない技です。

この悲しみの踊りが、花かごをもらってから明るい曲調になるのですが、熊川版では、花かごは直接ソロルからニキヤに渡されます。(準備したのはラジャです。ラジャが花かごに毒蛇をしかけさせたという設定です)
ラジャが花かごを「踊ってくれたお礼に渡せば」みたいな感じでソロルに渡し、ソロルがニキヤに花かごを渡し、受け取ったニキヤが喜んで明るく踊りだすという、大変納得のいく話の流れになっています。

花かごから毒蛇がでてきて噛まれたニキヤに、びっくりする様子のガムザッティ。ガムザッティが仕掛けたのではないようで、でもニキヤは「あなたがやったんでしょう」と言いますが、「そんなの知らないわ」と、まあ本当に知らないんでしょうが、悪びれず、ソロルの手を取り、あちらにいきましょうというガムザ。
それを見て、解毒薬を拒絶して死ぬニキヤ。このあたりのお話しは、ジゼルにそっくりですよね。

ニキヤの死で第一幕は終わって休憩です。第二幕は神殿の中で祈るソロル。この神殿のセット、タイムマシンの異次元空間みたいでなかなか面白いです。マクダヴェヤが水パイプをすすめて、ニキヤの幻があらわれ、それを追っていくと影の王国です。

影の王国は2段半ぐらいのつづら折り。影たちの衣装は、ちょっとかわったバルーンスカート風のチュチュで凝っています。コールドたちの見せ場の長いシーンですが、とても良く揃っていて、緊張感と一体感のある美しい踊りでした。観客もしわぶきせずに、かたずをのんで見守って、引き込まれました。こういう舞台と客席の一体感を味わえるのが、DVDでは味わえない、劇場空間ならではの良いところです。

影となったニキヤの踊りは、余計なもののないシンプルな、クリアな踊りでした。祥子さんはポワントに乗って「たゆとう」のが好きで、作品によってはよくそれをやるのですが、ここではそれは封印し、古典のエッセンスのみで魅せるような踊りでした。
ヴェールの踊りは、左右両方に回転する、とても難しいものですが、完璧でした。
そのあと、ちょっとピルエットで落ちるという祥子さんにしてはめずらしいミスがありました。まあ、たぶんもう一回の公演でもビデオ撮りをして良い方と差し替えてシネマで使うので大丈夫でしょう。
遅沢さんのソロも、だいぶ体力を使ったのか、ヘロッてるところがありました。少しお疲れなのかしら。

三人のオンブル、それぞれのヴァリエーションが素晴らしかったです。ふんわりと軽くて、体重がないようで。中村春奈さん、小林美奈さん、浅野真由香さん。このあたりのランクの女性ダンサーが徐々に育ってきているようです。

影の王国から帰ってくるとソロルは死んでいて、駆け寄ったガムザッティに白蛇が食いつく。
神殿が崩壊して(ここの舞台装置、すごくゆっくりと大岩が落ちてくるのが、CGみたいで迫力あります)すべてが無となった中に黄金の仏像が踊ります。

その後、スモークがたかれ、天国でニキヤを追いかけていくソロルで幕。

この最後の演出ですが、初演時は、たしか神殿崩壊のあと、洪水が起きて、それを水色の布で表現していたと思いますが、そこがなくなってしまいました。
あの水色の布の洪水で、「世界が浄化された」というインパクトがあるのに、改変されたのは少々がっかりです。初演時に、それで終わるのはどうかという意見があったのかと思いますが、熊川さんの秀逸なアイデアなのですから、つらぬき通して欲しいです。






















posted by haru at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

新国立劇場バレエ「ロミオとジュリエット」米沢&ムンタギロフ

2016年10月30日(日)14時 オペラパレス
ジュリエット 米沢唯
ロミオ ワディム・ムンタギロフ
ティボルト 中家正博
マキューシオ 福田圭吾
ベンヴォーリオ 奥村康佑
乳母 楠本郁子
キャピュレット夫人 本島美和

私が新国立劇場バレエのロミジュリを見たのは2回目です。
前回は小野絢子さんとマトヴィエンコを見ましたが、マトヴィがどうもロミオに見えず、小野さんの熱演もいまひとつしっくり来ず、モブシーンはバーミンガムバレエ版のせいか、舞台に乗っている人数がロイヤル版よりも少なくて、スカスカしているような印象が残っていました。

今回も同じバーミンガムバレエ版なので、やはり人数少な目ではありましたが、主役の二人が素晴らしくて、あまり気になりませんでした。
最近お気に入りのプリマ、米沢唯さん。
お稽古場だとピルエット5,6回転してしまうという抜群のテクニック。端正で丁寧な踊りが魅力です。
古典の見せ場、連続フェッテなどでさらりとすごい技をやってしまうのがたまりません。
演技もわりとあっさり目という感じなので、今回のロミジュリ観に行こうかどうしようか悩みました。
ロミジュリだと古典のテクニックを見せるようなシーンはあまりなくて、演技が重要ですから。

でも観に行って良かったです!
唯さんの初登場シーン、ジュリエットの寝室。乳母とたわむれる唯さんのかわいらしいことといったら!!
いたずらっこの14歳そのもの。そのキュートさにハートを射抜かれました。

ワディムのロミオは、ひとりとびぬけて別人種の体型。腰の位置が他の男子より30センチくらい高くて、ゴージャスなヒップとすらりとした太ももが目を惹きます。あんなタイツのラインが出るのは日本人ではめったにいないでしょう。肉体の持つ力がすごい。もう立っているだけで美しい。その上踊りも端正で上手。

こんな素敵なロミオだったら、恋に堕ちなくてはいられないよね
バルコニーのシーン、ロミオの腕を取り、自分の胸が「ほら、こんなにドキドキしている」と
教える唯ジュリエットを見ていると、こっちもドキドキしてしまう。
ワディムロミオも恋に落ちた情感たっぷりで、唯ジュリエットを見つめる目が輝いている。

そう、恋をするって、こうだよね〜
ロミオとの恋に浮きたつそのまま、唯ジュリエットはまるで羽根のようで、リフトされてもまったく重力を感じさせません。

こんなに唯さんが、感情を踊りに乗せて解放しているのを見たことがあったでしょうか?
思う存分身体を伸ばして踊り、安心して思い切り飛び込んでいけるワディムロミオだから。
今まさに舞台の上でジュリエットとして生きている唯さん。
これです!
こういう米沢唯を見たかったのです!
こんな風に素晴らしく踊れるなんて!
この瞬間、世界は二人のためにある!
ワディムも唯さんも超一流レベルのヴィルトオーゾなダンサーですが、その二人がテクニックどうのこうのを超越したZONE状態に入ったようなバルコニーのパ・ド・ドゥでした。

良かったね、唯さん、こんな風に踊ることができて…といつの間にか涙がぽろぽろ流れてきて止まりませでした。そう、いままで唯さんの踊りをみて何か物足りない、米沢唯はこんなものではない、もっと出し惜しみをしないですべてを出し尽くして欲しいと感じていたフラストレーションが一気に解決されました!

それが古典作品ではなくて、ロミジュリだったのは意外でしたが、こういう演技が重要な役を演じることによって、つぎに古典作品を踊る時には、殻をやぶってさらに高いレベルのものを見せてくれるのではないでしょうか。
プリマ米沢唯が次のステージに上がった

唯さん以外のことについて。
今回はサイド席だったので、舞台を上から見下したのですが、そうすると、広場でのモブたちの配列や動線が良く見えて面白かったです。コールドはああいう風にカウントで斜め一列に出てくるんだな〜とか、それが紗に交差する具合とかも、段取りっぽい感じがありすぎて、もう少しその中でもそれぞれが芝居とか個性的な動きとかをするとだいぶ違ってみえてくるのだろうと思います。
でも、マクミランのロミジュリやマノンなど、コールドに至るまで演技を求められる作品をやることは、バレエ団の向上のためにはとても良い経験だと思います。
観客の動員率もよかったようだし、男性の観客も多かったので、もっと回数多く上演できるといいですね。
いっそのこと、舞台装置と衣装も新調して、2年に1回ぐらいやればいい。

ロミオ、マキューシオ、ベンヴォーリオの三バカトリオ。
ワディムロミオは上手なのですが、日本人男子はアンディオール不足。どこがというと、トリオの振付では、片足を上げて前から横、後ろへとぐるっと足を回すようなパが多用されています。女性のパでいうと、フェッテのようなパですが、前から横へ開くのって、日本人は苦手みたいです。
英国ロイヤルバレエのマックレイなどはここが実にクリア。吉田都さんのラストジュリエットの時は、マックレイ、マロニー、ポルーニンで三人とも見事でした。
体型の差はいかんともしがたいですけれど、三人の雰囲気は悪くなかったです。

マキューシオの福田さん。福田さんは道化役とかよくやるテクニシャンだと認識していましたが、あまりキレがありませんでした。この役は熊川哲也さんの当たり役だったそうで、思わず熊川さんだったら、さぞかし派手に演じるんだろうなぁと重ねて見てしまいました。チャンバラシーンは楽しいですね!音楽に乗ったリズミカルなチャンバラは、ロミジュリの名シーン。

本島美和さん、キャピュレット夫人、お似合いです。クッションダンスも美しいし、ティボルトの死を嘆くところも迫力がありました。本島さんも、もう主役は踊らなくなってしまって、キャラクターばっかり。以前の湯川さんのポジション的になってますね。











posted by haru at 13:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

「シンデレラ」中村祥子&遅沢佑介

2016年10月29日(土)16:30オーチャードホール

シンデレラ 中村祥子
王子 遅沢佑介
仙女 西成雅衣
シンデレラの義姉 山田蘭 岩淵もも
シンデレラの継母 ルーク・ヘイドン

シンデレラは、熊川さんがはじめて自分が踊らない前提で振り付けた全幕作品。
初演のタイトル・ロールは松岡梨絵さん。キッラキラに輝いていて、ボロ服が全然みすぼらしく見えないほどでした。今回中村祥子さんのシンデレラを見ていて、どうしてもあの時の松岡さんが思い出されてなりませんでした。
祥子さんの踊りはもちろん素晴らしいのですが、松岡さんのあの時の輝きとキレの良い脚さばき、心の美しさがどんな時でも伝わってくるようなにじみ出る情感…まさにプリマバレリーナ松岡梨絵の頂点として、燦然と私の中で輝いているのです。

その後、松岡さんは二度目のシンデレラの主演を降板して出産、Kバレエを去りました。
あの時は、松岡さんのプリマとしての洋々とした未来への道が、ずっと続いていくものだと思っていたのですが、シンデレラ初演がキャリアの頂点だったとは。
もちろんプリマであると同時に一人の女性であるので、女性としての幸せを得ることはおめでたい事なのですが、観客としては残念ですし、本当にバレエ・ダンサーの旬って短いです。

その点、中村祥子さんは、プリマバレリーナとして、そして母親として、この二つを両立させているという、日本ではめずらしいケースです。彼女の類まれな才能を認めて協力を惜しまない旦那様も影の立役者と言うべきでしょうね。

さて、第1幕のボロ服のシンデレラ。祥子さんは、いじめられてもすぐに立ち直って、自分で楽しみを見つけてその場を明るくしてしまう超ポジティブシンデレラです。
今の祥子さんは女性としての家庭の幸せ、プリマとしてのやりがいのある仕事と、大変に幸せな状態にあると思いますので、どうもそのあたりの地が出るというか、シンデレラが全然かわいそうに見えないんです。
この第1幕での悲惨さ、暗さがある程度ないと、変身したシンデレラとの差が際立たないのですけど。
もう少し陰影のあるような演技があるとよかったです。

義姉たちにも少し遠慮があるのかしら?山田蘭さんの義姉は初めて見ましたが、悪くはないけれど、もう少し踊りのキレと、特徴的な性格づけがあると岩淵さんとのコンビがさらに映えると思います。アシュトン版だと、ひとりのお姉さんはおっとりタイプ、もうひとりはちょこまかタイプとなっているのですけど。
岩淵さんは何度もこの役を踊っているだけにさすがの存在感とコメディエンヌっぷりでした。







posted by haru at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。