2011年12月01日

子どもためのバレエ「ねむれる森の美女」新制作

東京バレエ団が、子どものためのバレエと称して、眠れる森の美女を新制作するそうです。
こちら

3月3日(土)のマチネ(1PM)と早めのソワレ(4PM)
3月4日(日)のマチネ(1PM)の3回公演で、会場はめぐろパーシモンホールです。

眠れる森の美女と言えば、チャイコフスキーのグランドバレエの傑作で、きちんと上演すれば軽く4時間はかかるというもの。
それをどのようにカットするのかわかりませんが、お子様の忍耐力を考えて、休憩をはさんで1時間半にするそうです。
式典長(カタラビュット)がナビゲーターとして解説をしたり、登場人物が客席から登場したり、着ぐるみの衣装があったりと、ミュージカルのような親しみやすさを演出するらしいです。
東京バレエ団がいままで上演してきたものは、舞台装置や衣装が古くなってきていてお蔵入りになり、ここ何年かはマラーホフ版の眠りを上演してきましたが、お子様向け路線とは!!
新国立劇場の「しらゆき姫」もお子様路線ですが、あれよりも美術や演出はたとえ子供向けでも、大人でも満足できるレベルで作って欲しいものです。

東京バレエ団
子どものためのバレエ「眠れる森の美女」

◆公演日&主な配役
3月3日(土) 1:00p.m.  オーロラ姫:佐伯知香/デジーレ王子:長瀬直義
3月3日(土) 4:00p.m.  オーロラ姫:二階堂由依/デジーレ王子:柄本弾
3月4日(日) 1:00p.m.  オーロラ姫:沖香菜子/デジーレ王子:松野乃知

ファーストキャストは団の中堅どころ、セカンドは期待の若手、そしてサードキャストは、入団2年目の沖香菜子さんと入団1年目の松野乃知さんという新人が大抜擢!!


お子様向けとはいえども、これは要チェックです。
実は沖さんは、以前の記事で書いたように、私の息子の同級生です。
高校を休学してボリショイに留学し、その後東京バレエ団に入団しましたが、こんなに早く主役に抜擢されるとは嬉しいニュースです。
二階堂由依さんと柄本弾さんのコンビも良さそうですね。

チケットの発売は12月17日です。


ぴかぴか(新しい)

posted by haru at 16:48| Comment(2) | TrackBack(0) | バレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
haruさん こんにちは。
またまた海賊を見れるなんて本当にうれしいです。
是非是非SHOKOさんと熊川さんの両方の舞台を見よう!とスケジュール調整をしております。

最近、よくTVにでている熊川さん。
先週も「サワコの朝」に出演されていましたが
オーチャードホールの芸術監督就任で
新たなステージが始まった!という感じですね。
現役ダンサーの間には少しでも彼の舞台を見ておきたいと思ってきます。

ところで清水健太さんと寺島さんが
ご結婚されたとの記事(ネットで)見ましたが本当でしょうか?
もしそうなら、なんて素敵なカップルなの!!と嬉しくなってしまいました。
Posted by えみり at 2011年12月26日 13:08
ごめんなさい!コメント記入の記事を間違えてしまいました。
海賊の記事でコメントしたつもりでした。
ズレてしまい申し訳ございませんでした。
Posted by えみり at 2011年12月26日 13:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238091648
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック