2014年08月05日

松岡梨絵さんの「ライモンダ」

発表会のレビューは基本的に書かないことにしているのですが、元Kバレエプリンシパルの松岡梨絵さんが、出産後初の舞台復帰だというので、インターナショナルユースバレエの公演に行ってきました。
2014年7月21日(祝・月)16時 たましんホール
松岡さんが出演されたのは「ライモンダ」3幕
お相手はご主人の橋本直樹さん。
松岡さんのライモンダは、バレエの様式美にぴたりとはまった美しさ。
出産したことなどみじんも感じさせない肉体のライン、ぴたっと決まるポーズ。
女性としての自信がみなぎっているような貫禄すら感じさせました。
なんと素晴らしい…
ゲストプリンシパルとして、年に数回でもいいから、ぜひKバレエに復帰して頂きたい、と思うのは私だけではないはず。

私が応援してきた、大好きだったプリマ達が次々とバレエ団を退団して出産しています。
日本では出産しても第1線で活躍しているプリマ・バレリーナがいません。
ユカリーシャぐらいでしょうか。でも彼女だって舞台を減らしていましたし、今は教えにシフトしています。
ダーシー・バッセルや、ロシアのプリマ達のように、出産しても舞台と子育てを両立できるような環境が日本ではないと思います。

バレエは、持って生まれた身体条件が良くないと一流にはなれないという厳しい世界で、その上に才能や努力や運やら環境やらがあってトップになれます。そうしてトップになれたとしても、活躍できる時期が非常に短い。肉体的に頂点の年齢では表現力が足らず、表現力が増してきた年齢では、肉体の衰えを感じ始めるという矛盾を抱えています。
そして女性にとっては、その肉体と表現力が両方、ちょうどよいころ合いの時が、出産適齢期のぎりぎりラストに近付いている、ということが多いわけです。


ぴかぴか(新しい)

posted by haru at 00:11| Comment(2) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日Kバレエを見に行き、橋本さん松岡さんはどうしているだろうと思って記事を探していて拝読しました。(*^o^*)
お二人とも踊ってらっしゃるんですね。橋本さんも松岡さんもステージに出てきたら、はっ!と目を引くスターでした。
橋本さんは怪我などあったし、私もなかなか見に行けない時期があり、気がついたらお二人はどうしただろう?と思っていました。

出産を経て舞台に戻った松岡さんをぜひとも見たい!また情報を追っていきたいと思います。(*^o^*)
Posted by かあさん at 2014年10月13日 15:54
かあさんさん、松岡さんは2月のIBC(井脇幸江さんのバレエカンパニー)の公演にゲストとして出演して、オーロラを踊りますよ。
橋本さんも同じ公演でカラボスを踊ります。
私はもちろん観に行きます!
Posted by haru at 2014年10月19日 16:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]