2014年10月12日

Kバレエ「カルメン」神戸&福田

2014年10月11日17時オーチャードホール

カルメン 神戸里奈
ドン・ホセ 福田昴平
エスカミーリョ 杉野慧
スニガ スチュアート・キャシディ
ミカエラ 荒蒔礼子

熊川さんが、古典バレエの読み換えではなく、新しく創作したカルメン。
熊川さんが「古典バレエとして昔から存在しているような、それぐらいの風格を持ったものに仕上がったと自負している」とインタビューで語っているように、筋立てはオーソドックスにオペラと同じでありながら、誰でも一度は耳にしたことのある数々の名曲を生かして、わかりやすく、ダンス満載の面白いバレエ全幕作品となっています。

こんなに「カルメン」って良い曲がいっぱいあったのね、と再認識しました。
オーケストラだけの前奏や、間奏だったり、カルメンの登場シーンだったり、ドン・ホセの内面の葛藤だったりと効果的に使われていました。

第1幕の幕明けから、男性陣の群舞が迫力があります。振付自体はどこかで見たようなもの(海賊かな)でしたが、若いダンサーたちがみな生き生きとしていて躍動感がありました。
ライジング・スターの福田さんは、熊川さんの難易度高い振付をかなりなレベルでこなしていたと思います。
神戸さんは、いつの間にこれだけ成熟した女性としての雰囲気を身につけていたのかと思うほど、魅力的で、小柄だけれども、あでやかさもありました。踊りのキレもあり、カルメンを楽しんで演じているのが伝わってきました。

少々ネタバレになりますが、1幕で、逮捕されたカルメンの手を縛った長い紐を、ドンホセが持って、二人で踊るパ・ド・ドゥは秀逸でした。こういう小物を使うパ・ド・ドゥは、ラ・バヤデールのヴェールの踊りとか、ラ・フィユマルガルデのあやとりの踊りとかありますが、古典作品の王道とも言えますね。
それを取り入れているところに、熊川さんの古典バレエへのリスペクトとアイディアを感じます。

そして大受けしたのが、エスカミーリョ!!
杉野さんは、若いのにあそこまで、けれん味たっぷりにエスカミーリョを演じ、踊れるなんて凄いです!
彼のアクターとしての熱い魂を、みんな見習って欲しいわ〜

せっかくあれだけの伊達なエスカミーリョなのだから、2幕2場での登場シーンでは、お付きの闘牛士は贅沢に8人ぐらい欲しかったですね。曲の派手さに比べて舞台の質量が足りない感じでした。

これは作品として大変面白く作られていると思うので、熊川御大の出演する日でなくとも楽しめるでしょう。
今日は、会場に空席が目立ちましたが、素晴らしい公演だったので、もっとたくさんの人に見てもらいたかったと感じました。









posted by haru at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック