2015年02月20日

新国立劇場「ラ・バヤデール」小野&ムンタギロフ

2015年2月17日(火)7PM オペラパレス
ニキヤ 小野絢子
ソロル ワディム・ムンタギロフ
ガムザッティ 米沢唯
マクダヴェヤ 福田圭吾
黄金の神像 八幡顕光

久しぶりに夜のオペラパレスへ足を運んだ。
この劇場は音響を考えて、床も壁も木で作られている。
日が暮れた水辺にホワイエの照明が明るく映っているのを見上げながら劇場に入り、独特の匂いの木の客席の間の階段をコツコツを足音をさせて降りていくと、「ああ、劇場に来たんだ…」というわくわく感がこみ上げてきた。
オケピで練習をするオケの音や、始まりの予感でざわめいているホワイエなども、「劇場体験」そのもの。
ゆうぽうとや東京文化会館では味わえない、外国のオペラ劇場のようなこの感じ。やはり新国立劇場はいいなぁ。

ラ・バヤデールは他のバレエ団のものも含めて何度か見ているけれども、やはりニキヤとガムザッティを実力が拮抗するようなプリマが演じると抜群に面白くなる。
ニキヤの小野絢子さんは、安定した技術と、情感のこもった演技で、ガムザッティの米沢唯さんは、磐石のテクニックで観客を沸かせ、ワディム・ムンタギロフは柔らかい背中と、ふわっと浮かぶような跳躍、難しい回転技などもさらっとこなす卓越したダンサーぶりで観客を魅了した。

スーパーなスタイルを持つコールドバレエの美しさも一段と向上している。今回は、コールドの並びを身長が高い人から前の列に配置しているので、さらにスタイルのよさが際立つようです。
特にバレエ研修所9期生の関晶帆さんが常に目立つ位置で目をひきます。大原先生のお気に入り?

コールドの人たちは抜群のスタイルなのだけれども、主役のプリマ二人は、小野さんはテクニックと演技は素晴らしいけどあともうほんの少し手足が長かったらとそれだけが残念だし、超絶技巧をさらっとこなす米沢さんは、細すぎて子供っぽく見えるスタイルだし、お顔が和風で華やかさに欠けるのが残念。
影のヴァリエーションを踊った寺田さん、堀口さん、細田さんはスタイル抜群でゴージャスだから、この三人でニキヤとガムザをやるところを見てみたい。容姿がプリマ向きの人がたくさんいるのに、その方々がなかなか主役にキャスティングされず、経験をつめず育っていません。
牧バージョンのラ・バヤデールは、インド風のタペストリーをふんだんに使った美術も素敵だし、お話もよくまとめられていて無駄がなく楽しめるし、コールドの美しさも堪能できるので、4公演といわず、10公演ぐらい打って、プリマを育てればいいのに、と思います。小野・米沢は少々飽きた。

第一幕のマクダヴェヤが迫力満点。すごい太もも。誰かと思ったら福田圭吾さん。
巫女たちの踊りは、みんなスタイル良くて美人できれいでした。
ソロルの登場シーンはふわっと。ワディムはマイムが明確。
マイレンの大僧正は安定。
小野ニキヤは、前述のように彼女は少しスタイルの部分で不利なので、ヴェールをあげたときの圧倒的な驚きというほどではなかったかな。きれいだけど、やはりザハロワにはかなわない。
まあ、誰もザハロワにはかなわないだろうけど。

米沢ガムザと小野ニキヤ対決は、ニキヤに突き飛ばされて床に倒れたガムザが、スッと上体を起こしたまま、「なんなの、これは一体。なんでこの私が突き飛ばされるの」というように2,3秒自問自答をしているように見え、そのあと「卑しい身分の分際で!許さない」とガムザに怒りをあらわにしていきました。
その脈略がよくわかる良い演技を米沢さんはしていました。
どうしても少々子供っぽく見える容姿だし、いつもさらっとしすぎている米沢さんが、どのようにゴージャスなお姫様を演じるのかと思いましたが、この対決シーンは良かったです。
踊りはいうことなし。婚約式でのヴァリエーションも、イタリアンフェッテも、トリプルを入れたフェッテもまったく危なげなく、さらっとこなして。

小野さんは、婚約式での悲しみの踊りが、とっても情感がこもっていて、緊張感があって素晴らしかったです。その後の花かごの踊り、へびが仕込まれていて毒がまわって、ソロルを見ると、彼はガムザの手をとっている…絶望して大僧正の解毒薬を拒否して死ぬ一連の流れも、女の情念のようなものが出ていました。
第三幕のヴェールの難しい踊りもきれいに踊り、その後のソロでは超速シェネやピケターンにすごいキレがありました。

ワディムさんは、長身、小顔、手足が長く、太もももすらっとしてきれい。背中が柔らかく、ヴァリエーションの最後では、背中が床につくほどそらせていて、驚きました。
彼はノーブルダンサーとか言われていますが、実は野蛮なぐらいのテクニックの持ち主で、今回はやりませんでしたが、見たこともない超絶ファイブフォーティ技を持っています。まだ若いのにすごいもんです。
若くて見た目かわいいのに凄いんですというのは、フィギュアスケートの羽生結弦と通じるとこがあります。
王子役もいいけど、彼が思う存分暴れられるような役柄で見たいものです。

黄金の神像の八幡さんは、さすがという踊りでした。
ボディコントロールと回転技が素晴らしい。
プリンシパルなのに、主役踊らないでこんな役ばっかりなのがお気の毒。

婚約式の踊りもいろいろあってゴージャスだし、影の王国も美しい。
音楽もとっても良かったです。
劇場と音楽と踊りと美術、衣装、すべて楽しかった!!!


ぴかぴか(新しい)







posted by haru at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック