2015年08月22日

東京バレエ団「ドン・キホーテの夢」沖&梅澤

2015年8月22日(土)11:30 めぐろパーシモンホール

キトリ/ドゥルシネア姫:沖香菜子
バジル:梅澤紘貴
ドン・キホーテ:木村和夫
サンチョ・パンサ:氷室友
ガマーシュ:岡崎隼也
ロレンツォ:永田雄大
エスパーダ:森川茉央
キューピッド:松倉真玲
ロシナンテ(馬):上瀧達也、山田眞央
お嫁さん馬:中村瑛人、山本達史
二人のキトリの友人:金子仁美、中川美雪
闘牛士:
杉山優一、吉田蓮、松野乃知、和田康佑、入戸野伊織、古道貴大

子どもの為のシリーズ第2弾です。眠りに比べるとお話は少なめで踊り中心。
解説は、プロローグや各幕の前後でサンチョパンサが担当します。
大人ヴァージョンと大きな違いはお馬さんが登場すること、メルセデス、森の女王、ジプシーの娘が登場しない事です。
第1幕は50分で、通常の第1幕からジプシーの野営地、風車への突撃と森のシーンまで、休憩15分はさんで第2幕はバジルの狂言自殺からグランパとエピローグまで。
第1幕は踊り踊り踊りの連続で、主役二人の踊りは、片手リフト以外はほとんどめぼしい所はありました。
ちょっと賑やか過ぎて、目がまわるような気がしました。やつぎばやに、あのテンションの踊りが続くというのは、踊っているダンサーも大変だろうけど、観ているこちらもお腹いっぱい状態になります。
メルセデスがいないだけで、あんなに短くなるもんなのですね。
森のシーンは、ドリアードの女王のパートをかわりにコールドやキューピッドが踊っていました。
グランパは、まるまる全部で、でも通常、間に挿入される友人のヴァリエーションはなかったです。

梅澤さんは、プリンシパルになって、中央に立つ華というか、一段とイケメンオーラが出てきました。
彼の昇格は少し早すぎたような気もしましたが、人間というのは、立場を与えられると、それにふさわしいようになっていくものですね。踊りのキレも良かったし、これからぐんぐん伸びていくと思います。

沖香菜子さんは、とってもかわいらしく、愛らしいキトリ。生き生きとした表情に惹きつけられました。
イタリアン・フェッテや32回のフェッテもありましたが、きっちりときれいに回っていました。
彼女は技巧派ではありませんが、軸がしっかりしているし、スパッと脚があがる身体の柔らかさがあるので、観ていて気持ちが良いです。何より可愛い!天性の華があります。
スタミナもあると思います。あれだけキツイ踊りがあって、さらにグランパのヴァリは、ロシア系のパッセを繰り返すキツイ方。スパスパと小気味よく、キレの良い踊りでした。

この子ども向けヴァージョンでは、目立った踊りをする女性ソリストは、キトリとキューピッドと、友人ぐらいです。男性はバジルとエスパーダ、闘牛士とジプシー(ほどんど同じメンバー)。エスパーダは、森川さん。雰囲気はとってもエスパーダなのですが、踊りが怪我あけのせいかキレがなく、マネージュも膝をかばっているような中途半端なものだったので、少々残念でした。

ドン・キホーテの木村さんは、世界バレフェスの時と同様に、気品がありながらも面白い。
サンチョの氷室さんは、しゃべりが上手。
お馬さんがいい仕事してました。

沖さんのキトリがとっても素敵だったので、10月の横浜公演(大人バージョン)が楽しみです!!


ぴかぴか(新しい)

posted by haru at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック