2015年10月09日

Kバレエ・カンパニ「シンデレラ in Cinema」井澤&神戸

2015年9月30日(水)シネプレックス平塚で観賞

シンデレラ 神戸里奈
王子 井澤諒
仙女 浅川紫織

シンデレラは初演時と、再演時の2回舞台を見ています。
今回は映画とのことで、あの舞踏会のシンデレラからボロ服のシンデレラへの変身イリュージョンのからくりが、わかりました!!
音楽の響きが、何か手を加えたようで美しく盛られています。
カット割は、比較的見やすく、時々表情がアップになるところも悪くなかったです。
シンデレラの神戸さんが素晴らしかったです。
いじめられても、想像力で明るく遊び、おばあさんには優しく、舞踏会に行くときの高揚感、王子の前にパドブレで出てくる時の緊張感も、すべて自然でした。
特にボロ服のところが可愛らしかったです。
松岡さんだと、舞踏会のシーンでそれはゴージャスになるのですが、その点は神戸さんの方が、「普通の女の子」っぽさが残ってました。

王子は、踊りは井澤さんが上手で文句なしでしたが、演技は宮尾さんの方が面白かった。特に舞踏会で、二人のお姉さんに迫られて困っている顔の宮尾さんは絶品です。私はあの、トイストーリーのウッディみたいな宮尾さんの表情がツボなんですよ。
だけど宮尾さんは踊りがねぇ… 
井澤さんはばっちりと踊りこなしてました。
舞踏会の最後の方のリフト満載のパ・ド・ドゥはあわただしい感じでしたが、これは振付が良くないのです。

シンデレラは音楽が素敵だし、演出も楽しいです。浅川さんの仙女は天下一品です。
地元近くの映画館で上演してくれてありがとうございます。
これからももっと映画館上演をしてくれたら、あらたなファンもできるかもしれない。しかし、映画館で見れるからいかなくてもいいやというファンもいるかもしれない。
難しいところですね。



posted by haru at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Kバレエ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック