2016年05月08日

新国立劇場バレエ「ドン・キホーテ」木村&中家

2016年5月7日(土)14時 オペラパレス
キトリ(ドゥルシネア)木村優里
バジル 中家正博
ドン・キホーテ 貝川鐵夫
サンチョ・パンサ 八幡顕光
キトリの友達 柴山紗帆 飯野萌子
エスパーダ 小柴富久修
街の踊り子 寺田亜沙子
メルセデス 本島美和
カスタネットの踊り 堀口純
キューピッド 五月女 遥
森の女王 細田千晶
第1ヴァリエーション 奥田花純
第2ヴァリエーション 柴山紗帆

新国立劇場バレエ研修所から一足飛びにソリスト採用されたライジングスター、木村優里さんの全幕初主演。
今しか見られない若さの輝きがあることを期待して行ってきました。

まだ若干20歳。32回転のフェッテを含む、難しい技がてんこ盛りでスタミナも必要なキトリ役を、ほぼパーフェクトで演じ切りました。それだけでも大したものです。劇場側の期待にも答えて、今後ますます役付きが良くなるでしょう。「20歳の新星!」とうたわれて次々と主役の座と射止める姿が目に浮かびます。

木村優里さんは164センチ。体重はわかりませんが、新国立劇場のダンサーの中でも飛びぬけてスレンダーで、手脚が長く細く、小顔でかわいく、少々立ち耳なのが気になるぐらいで、抜群の舞台映えがする容姿です。

小学生の頃からバレエコンクールの上位に何度も入賞しています。その後新国立劇場バレエ研修所に予科生から入って2015/16シーズンよりソリストです。バレエ研修所時代にボリショイ劇場で行われた世界のバレエ学校の集まる公演にも参加してソロパートを踊っていました。小学生の頃もかなりスレンダー体型ですので、そのまま変わらずに体型を維持しているようです。海外留学はしていないようですが、留学時に太ってしまう子も多いので、彼女の場合は留学しなくて良かったと言えるのかもしれません。

肝心の踊りですが、アティチュードやアラベスクを上げる角度は常に125度ぐらいで高いです。
森のシーンで、森の女王の細田さんが前、木村さんが後に並んで同じ振り付けでアラベスクをしますが、細田さんが110度くらいなのに対して125度。デフォルト125度と、まるでパズルのピースをかちっとはめるようにそのポジションに持っていきます。
アラベスクなどでのキープも十分にあります。
そして回転系のテクニックもあって、第1幕の闘牛士たちの前をペアテで進んでいくところもお見事でしたし、第3幕のグランパのフェッテは、シングル・シングル・トリプルを3セットで、ウェストの所で扇を開いて閉じてをつけていました。その後はシングル・シングル・ダブル。途中でちょっと傾いて、立て直そうとした時に、十分にロンデせずに正面でパッセに脚を巻き込んだのは汚い印象でしたので、そこが唯一残念なところでした。

優里さんの脚が十分にアンドォールしていないという人もいるので、どうなのかなぁと見てみました。
草刈民代さんもアンドォールできていないと言われていて、確かに写真で見るとアラベスクに上げた脚の膝が下を向いています。優里さんの場合は、それほどではなく、ほんのわずかな問題だと思いますが、たとえば米沢唯さんの踊りと比べると、優里さんの踊りが端正ではないと感じられるのは、そのあたりに原因があるのかもしれません。

演技に関しては、キトリという役柄は庶民的で年齢的にも近く、等身大で素直に演じれば良いので、普通にかわいくて良かったです。相手役の中家さんとは、橘バレエ学校の発表会で組んだこともあるようですし、サポートが上手ですので、やりやすかったことでしょう。

全幕主演がドンキというのは、若さと勢いで押し切れるので彼女にはぴったりでしたね。
それぞれ主役を張れる実力のある新国立のソリストやプリンシパルたちを脇役にして、盛り上げてもらって、その中心として、ちゃんと存在感のある演舞ができる、その精神力の強さに驚きます。
自分の実力を、舞台で常に100%、いや120%発揮できるダンサーになるのは、公演回数を重ねて経験を積んでいく中で(普通は)つちかって行くものなんでしょうが、それをこのように最初からできるというのは、熊川哲也みたいな物おじしない性格?(褒めてます)
むしろその精神的タフネスさを、私は賞賛したいと思います。観客の期待を背負うプリマの資質として。

これからは米沢唯さんの端正さや小野絢子さんの勘の良さなどを見習い、繊細で美しい表現ができるように鍛練していって頂きたいと願っています。

木村優里さんのことばかり書いてしまいました。
新国立のドンキ、そろそろ10年位経つと思いますので、ここらで新制作してはいかがでしょうか。
衣装も見飽きてきました。
以前も書いたように、この版は、ストーリーを追う楽しみがないのが欠点です。
東京バレエ団のドンキは「お祭りドンキ」と銘打っているくらい楽しいですし、Kバレエのドンキは、ストーリーと登場人物に工夫があって面白いです。
新国立の上手なダンサーたちが引き立つような楽しいオリジナル版、奇をてらわなくていいので、お子様でも楽しめるような普通のストーリーで、衣装と装置をぜいたくに!!











posted by haru at 15:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 公演レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック